ワキガの手術にはどんな種類があるのか。各種手術の費用や効果を紹介

普通の汗臭さとは違った強力な臭いで有名なワキガには、治療法が存在します。

手術によるものはメスで皮膚を切開して治療を行う方法で、切開しない治療法に比べると高い効果が得られることがわかっています。

種類の中でも効果が高いことで知られているのが、剪除法という手術です。直視下手術法に分類されます。直視下というのは、施術する医師が直接患部を見ながら作業する方法です。

ワキガの臭いの原因である、アポクリン汗腺と皮脂腺の掻き取るようにして治療します。

使われる器具はハサミのような形状をしています。汗腺や皮脂腺を直接取り除いてしまいますので、再発する確率が低くなるのがメリットです。

この方法の前に利用されていたのが、切除法という施術です。

これもメスを使って原因を取り除いてしまう方法ですが、切除法だと皮膚ごと切除してしまいますので、皮膚が突っ張ったり傷跡が残りやすい、神経を傷つけてしまうなどのリスクが高くなります。

一方の剪除法は皮膚を残したまま原因だけを取り除きますので、切除法のような体の負担になる危険が少なくなっています。

よって、切除法を実施している病院は殆ど見かけられなくなっています。

剪除法のメリットは、保険適用されることです。公的保険が利用できるおかげで、高度な治療を受けられるわりにはとても格安な費用で済みます。

4万円程度でも両ワキの治療が可能です。

別のメスを使った方法として非直視下手術法に分類される、皮下組織吸引法があります。

医師が直接患部を見るのではなく、機械に頼って行われる治療法です。

カニューレという管を使い、汗腺や皮脂腺を吸い出します。小さな切開だけで済むのがメリットです。

ただし、完全に汗腺や皮脂腺を取り除くには困難で、再発する場合があります。費用は15万円くらいからです。

皮下組織削除法は汗腺や皮脂腺をピンポイントに除去するのではなく、皮下組織ごと取り除くのが特徴です。

しかし、この機械を取り扱える技術はかなり高いものを要求され、皮下組織を傷つけることで皮膚が薄くなる、壊死するなどのリスクが高めです。20万円~40万円くらいの費用が発生します。

超音波吸引法は超音波を発生する機械を使い、熱で汗腺や皮脂腺を破壊してから取り除きます。18万円~30万円くらいの費用で、皮下組織吸引法よりも効果が高いとされます。

直視下で主流の剪除法以外で保険適用になるケースは少なく、また効果も劣るのが現状です。”

※施術内容および料金に関しては、当サイトが独自に調査したものです。内容は変更される場合がありますので、施術前に必ず各医院でご確認ください。