ミョウバン水はなぜワキガや多汗症に効果あるの?

ミョウバン水には抗菌作用と殺菌作用があり、消臭効果があり、ワキガ、多汗症に効果があります。

詳しく説明させて頂くと酸性の水なので、殺菌作用があり、臭いの元であるアルカリ性の雑菌の繁殖を抑えてくれるのです。

これによりワキガの臭いの原因は雑菌が原因です。この雑菌を取り除く事により、臭いは収まります。
更にもう繁殖済みの臭いも中和してくれます。中和する事により消臭効果が出ます。

次に多汗症の為の制汗作用ですが、肌を引き締めるので、汗が出てこなくなります。制汗作用ですが、これだけではなく、他にも諸説あり、どの様な方法で汗が止まっているのかというのは未だ現在解明されていません。

汗が止まる説は多々ありますが、どれが真実なのか、もしくは全てが作用して止まっているのではないかと言われています。次は大事な作り方です。

作り方は、ミョウバン(大体50グラム前後)と水とペットボトル等の入れ物を用意しましょう。

ミョウバンと水を組み合わせ、入れ物の中に入れます。

そして溶かす為に振るのですが、ミョウバンはなかなか解けませんので、そのまま暫くミョウバンが溶けるまで放置して下さい。水が透明になれば、完成です。

もしなかなか溶けない場合はお湯を使って頂くと溶けやすくなります。お急ぎの方はお湯で試してみて下さい。

お湯の水温が高めの方が溶けやすくはなりますが、直接肌にかけるので、ぬるま湯程度にしおくと危険がなく利用可能です。

そのまま塗り込む前に肌に合うか必ずテストは忘れずに行いましょう。

万が一合わない場合は、肌にかぶれる等、異常が出てしまいます。その時は濃度を薄くして作り直して下さい。

問題が無い場合は、そのまま使用可能です。スプレー式の霧吹き等に移して使用すると大変便利です。

また汗で流れてしまうので、夏場はこまめにスプレーして下さい。流れてしまうとまた臭いに悩まされてしまいます。

更にワキガだけではなく、ペットや足の臭いにも効き目がありますので、気になる方はそちらも試してみて下さい。

特に足の臭いはワキガと同じく悩まれている方が多いのではないしょうか。

足自体にかけて頂いても良いですし、靴にかけて頂いても大丈夫です。

使用期限ですが、目安として、1ヶ月程で使いきれる様に致しましょう。

また効果を高めたい場合は、水を緑茶に交換して見ましょう。

更に緑茶の成分により更に効果が高まります。

匂いを付ける為、レモンやハーブ等利用する事も可能です。”

※施術内容および料金に関しては、当サイトが独自に調査したものです。内容は変更される場合がありますので、施術前に必ず各医院でご確認ください。